HOME > 受験生の方へ > 入試情報 > 大学入試センター試験利用入学試験

大学入試センター試験利用入学試験【併願】

2019年度入学生用学生募集要項は現在作成中です。

出願資格

平成29年度大学入試センター試験を受験し、本学が指定した教科科目を受験した者で、 下記1〜5のいずれかに該当し、入学時(平成30年4月1日現在)において満25歳以下の者。

  1. 平成30年3月高等学校又は中等教育学校を卒業見込みの者、または卒業した者。
  2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者、または平成30年3月修了見込みの者。
  3. 文部科学大臣の指定した者、または平成30年3月末までにこれに該当する見込みの者。
  4. 文部科学大臣の行う高等学校卒業程度認定試験に合格した者、または合格見込みの者。
  5. 上記1〜4以外の要件を以って、学校教育法第90条大学入学資格要件に該当する者。

出願書類

インターネ
ット出願時
に郵送必要
な書類
(1)入学願書・受験票・受験票副票一式 (本学所定)※切り離さないでください。 郵送不要 必要項目を記入のうえ、入学願書(本学所定)裏面にセンター試験成績請求票と写真(正面上半身・3ヶ月以内・カラー)を貼付してください。
A4 裏表無地の用紙に、センター試験成績請求票を貼付してください。
※インターネット出願の場合のみ
(2)出願資格を証明する書類 下記の書類をそれぞれ提出してください。
【高等学校卒業見込者】
・調査書
【高等学校卒業者】
・調査書または成績証明書 ・高等学校卒業証明書
【高等学校卒業程度認定試験合格見込者もしくは合格者】
・合格証明書またはそれに代わるもの ・合格成績証明書またはそれに代わるもの
【高等学校卒業後、短期大学・専門学校等に進学した者】
・高等学校の調査書または成績証明書 ・最終学歴の成績証明書 ・高等学校卒業証明書 ・最終学歴の卒業見込書もしくは卒業証明書 すべて
(3)経歴書(本学所定) 郵送不要 中学校卒業から詳細に記入してください。現在大学等に在学中の場合も記入してください。
※平成29年3月以前に高校を卒業している者(平成29年3月卒業も含む)のみ
(4)受験案内用封筒(本学所定) 住所氏名を明記して、362円分の郵便切手を貼付してください。
(5)結果通知用封筒(本学所定) 住所氏名を明記して、420円分の郵便切手を貼付してください。
(6)健康診断書(本学所定) 3ヶ月以内のものを提出してください。
※平成29年3月以前に高校を卒業している者(平成29年3月卒業も含む)のみ
※富山市福祉奨学資金の給付が見込まれる書類[該当者のみ] 奨学資金の対象が確認できる書類を提出してください。

入学検定料

  1. 検定料 16,000円
  2. 納入方法 所定の振込み用紙により、郵便振替で納入し、郵便振替払込金受領証(ATM利用の場合は利用明細)を必ず入学願書の裏面に貼付してください。
    インターネット出願者で、コンビニでの支払い手続きをされた方は利用明細・領収書の送付は必要ありません。

出願方法

  1. 【紙出願の場合】
    入学願書一式および必要書類を郵送(書留速達・消印有効)、または出願期間内の平日(月〜金)の午前9時〜午後5時までに、本学1号館にお持ちください。 出願書類受領後、本人あてに受験票を郵送します。(ただし、試験日直前の場合は、受験票を本学で保管し、当日渡します。この場合は事前に本人に連絡します。)
    【インターネット出願の場合】
    郵送を必要とする必要書類については、出願期間内に郵送(書留速達・消印有効)、または 出願期間内の平日(月〜金)の午前9時〜午後5時までに、本学1号館にお持ちください。
  2. 再受験の場合でも、再度各入学試験の出願書類(最新のもの)を一式提出してください。先に提出した書類の再利用はできませんので注意してください。

※提出された出願書類および納入された入学検定料は、一切返還しません。

一般入学試験との併願受験

大学入試センター試験利用入学試験と一般入学試験において、同一日程(1月27日・2月17日・3月14日)の同学科・専攻の 受験については、併願受験を認めます。その場合は入学願書(受験票・受験票副票を含む)を2部提出し、 ひとつの封筒にまとめて提出してください。インターネット出願をされる方は、[併願]大学入試センター試験 利用入学試験と[併願]一般入学試験それぞれの登録が必要となります。なお、面接試験は、1回とします。

併願受験者の受験料割引について

上記併願受験者を対象に、受験料の割引制度を導入し、下記の受験料とします。

一般入試:30,000 + センター試験利用入試:16,000 = 合計:46,000
割引適用後 ⇒ 合計:41,000

試験科目

学科・専攻 区分 面接 センター試験
社会福祉学科 社会福祉専攻 大学入試センター試験
利用入学試験I・II・III
介護福祉専攻
看護学科
幼児教育学科

◆面接:個人面接〔15分程度〕
複数の面接者による個人面接
◆センター試験:看護学科 下記科目から2教科・2科目で判定

教科 科目
国語 「国語」(近代以降の文章)
数学 「数学I」 「数学I・数学A 」
理科 「生物」「化学」から1科目
外国語 「英語」(リスニングを除く)
●3教科・3科目以上受験した場合は、高得点の2科目を合否判定に利用
●前年度の大学入試センター試験の成績は利用できません。
※教科「理科」、科目「生物」、「化学」においては、基礎科目での受験は認めません。

社会福祉学科(社会福祉専攻・介護福祉専攻)・幼児教育学科
下記科目から2教科・2科目で判定

教科 科目
国語 「国語」(近代以降の文章)
数学 「数学I」 「数学I・数学A 」
地歴 「世界史A」「世界史B」「日本史A」「日本史B」
「地理A」「地理B」から1科目
公民 「現社」「倫理」「政経」「倫理、政治・経済」から1科目
外国語 「英語」(リスニングを除く)
●3教科・3科目以上受験した場合は、高得点の2科目を合否判定に利用
●「地歴」と「公民」の組み合わせは不可とします。
●前年度の大学入試センター試験の成績は利用できません。

選考方法

提出書類と面接試験(100点満点)、センター試験点数(100点満点)結果を総合的に判断して、選考します。

第二志望の選択について

第二志望のある受験生は、下記の選択方法に限り、他学科・専攻への第二志望の選択が可能です。第二志望を希望される場 合は、入学願書の第二志望欄に○をつけてください。(インターネット出願の場合は、出願画面の第二志望選択欄にチェックを入れてく ださい。)選択がない場合は、第二志望がないものと判断します。(第二志望の重複選択はできません)

以下選択方法を参照ください。

第一志望 第二志望
社会福祉学科 社会福祉専攻 □ 幼児教育学科
社会福祉学科 介護福祉専攻 □ 幼児教育学科
看護学科 □ 社会福祉学科 社会福祉専攻
□ 社会福祉学科 介護福祉専攻
幼児教育学科 □ 社会福祉学科 社会福祉専攻
□ 社会福祉学科 介護福祉専攻

詳しくは、2018年度(平成30年度)学生募集要項をご覧下さい。
募集要項の内容は、必ず原本にてご確認下さい。

オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
学校法人 浦山学園 学園本部
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.