富山福祉短期大学

  1. TOP
  2. ふくたんMEDIA一覧

ふくたんMEDIA

2020.12.24
ボランティアセンター

「ボラコ×射水市社会福祉協議会ボランティアセンターのスペシャル対談」

12月23日(水)に本学のボランティアセンターにて、学生ボランティアコーディネーター(通称ボラコ)と射水市社会福祉協議会・ボランティアセンターのボランティアコーディネーター稲田様と対談をしました。

テーマ:『若者のボランティアについて』
小学校、中学校、高校等で行ってきたボランティア活動の良さと課題を話しながら、今後若者が自発的にボランティア活動に取り組むためには、どうしたらいいのかを話し合いました。
この話し合いの中から、コロナ禍の中でも実施できそうな素敵な企画誕生しました。企画等の詳細については、今後ボラコのメンバーによって記事になります。
是非、皆さま楽しみにお待ちしてください。
また、本日はお忙しい中、対談に協力してくださいました射水市社会福祉協議会様及び稲田様には心から感謝申し上げます。

2020.09.09
ボランティアセンター

「ふくたんボランティアセンターのロゴ決定!!」

本学のボランティアセンターのロゴがついに完成しました~!!
ボラコ(ボランティアコーディネーター)の学生がいくつかロゴを作成し、ボラコの学生&ボランティアセンターの教職員による投票でロゴを決めました。投票は、かなりの接戦でなっなんと1票差で決まりました。
さてさて、今回ロゴ作成をした統括リーダーの豊岡さん(幼教2年)、室澤さん(幼教2年)にインタビューをしたので話を聞いてみましょう。
 
Q:ロゴを作成してみてどうでしたか?また、今後のボラコへの想いを教えてください。
 
豊岡さん:「初めてロゴを作成して、とても楽しかったです。これが、学生や地域の方がこのマークを見てふくたんのボラコと思えるようになっていけたらといいなと思っています。ボラコとして、一期一会のコンセプトの元人と人が支えあっている明るいイメージになるようなデザインにしてみました。」
 
室澤さん:「ふくたんのボランティアにはどのようなイメージがあるのか、どういうことを主張したいのかを特に考えて作成することができたので、楽しかったです。今年は新型コロナウイルスの影響もあり限られた活動しか出来ないと思いますが、ふくたんだけではなく市の社会福祉協議会の方とも連携して活動行えるので、より多くの方にボランティアに参加してもらい、良さを知って貰いたいと思いました。」
 
今後もボラコは今の社会情勢の中でも、出来ることやれることを探しボランティアの普及活動に努めていきたいと思います。
これからの活動もお楽しみに!!