HOME » » ふくたんからのお知らせ

富山福祉短期大学ふくたんからのお知らせ

8月23日(日)に、富山福祉短期大学オープンキャンパスを開催します!


[日程]8月23日(日)

[時間]13:00開始(受付12:30~)

[内容]体験授業、学科・専攻説明、スペシャル企画、入学試験説明、個別相談など

HPimg-716111604-0001.jpg

8月オープンキャンパスでは、スペシャル企画として「卒業生からのメッセージ」を予定しています。

ふくたん を卒業し、社会で活躍している卒業生から「ふくたんの学びがどのように活かされているか」をお話してもらいます‼

三密回避の観点から体験授業に定員を設けています。お早めに申し込みをお願いします。皆様の健康や安全面を第一に考え、このような結論に至りましたことをご理解のほどよろしくお願いします。

「看護①」体験授業の申し込みを締め切りました(8/5)

お盆休暇(8/8~8/17)の間にいただいた申込みについては、8/18より順次返信させていただきます。その際に予約者数が上限に達した学科専攻から、申込み順に受付を終了します。ご了承ください。

申込み予約のキャンセル状況などによっては、8/19(水)以降に、予約受付を再開する場合があります。



8月オープンキャンパス詳細.pdf

申込フォーム

お申込み方法は、上記申込フォームまたは電話(0766-55-5567)からお願いします。

申込フォームからの方は3日以内に返信がない場合にはお問合せください。

お盆休暇(8/8~8/17)の間にいただいた申込みについては、8/18より順次返信させていただきます。



【本学からのお願い】新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた取り組み

●当日はマスク着用、検温、アルコール消毒にご協力ください。

●体調が優れない場合は参加をお控えください。

今後の感染症拡大の状況によって、開催内容の変更・中止などが考えられます。変更等の情報については決まり次第HPにてお知らせさせていただきます。


最新情報を随時HPで案内させていただきます。

<お問い合わせ先>

TEL:0766-55-5567

担当:企画推進部

富山福祉短期大学では、下記の期間をお盆休暇とし、校舎を閉館させていただきますのでお知らせいたします。

[ 閉館期間 ]

令和2年8月8日(土)~8月17日(月)

尚、この期間にいただきましたお問合せ(メール等、FAX)に関しましては、

8月18日(火)以降、順次お返事させていただきますのでご了承ください。

よろしくお願いいたします。

資料請求者のみなさまへ  

資料請求をいただきましてありがとうございます。

お待たせして申し訳ございませんが、8月18日(火)以降、順次対応させていただきますので、よろしくお願いいたします。

「オープンキャンパス」お申込みにつきましては、休暇期間中もお待ちしています。

8月オープンキャンパスのご案内(8/23開催)

こんにちは! 看護学科の高田です。

いよいよ8月になりました。今年は、うっとおしい梅雨で、前線が毎週・・・きておりました。豪雨災害も今年も続き被害がたくさん出ていて心が痛むことが多いですね。

看護学は実践の科学といわれています。対人関係職であるため、人間を対象にした知識と技術(行為)ができることが求められます。そのため、互いの身体を使いながら、技術を身に着ける学習が特徴であり、今回、遠隔授業ではその技法が使えず、教員全体で協議し、できるだけリアルに想像可能な授業の展開を目指して取り組みをしました。6月15日から、対面授業を開始し、互いの身体を使い、技術を学習する時間がもてるようになり、ほっとしています。しかし、ここでも3密の限界があります。対面であっても距離を持たなければいけないのですが、演習という技術では、より近距離で行わなければならず、フェイスシールドを用いての演習を実施しています。

リレーメッセージin看護180-1.jpg

今回は、基礎看護学実習Ⅰが7月27日から2週間の予定で、スタートするにあたり、看護技術を修得できるよう実習前に技術試験を実施しました。身体の状態をアセスメントできるバイタルサイン(主に体温、血圧、脈拍、呼吸測定)と医療事故で最も多い移動に伴う援助である車いす移動を試験項目として設定しています。

リレーメッセージin看護180-2.jpg

当日は、緊張した中で、練習して身に着けた技術を真剣なまなざしで受験し、私たち教員も初心にかえり、刺激をもらえました。

 1年生も、終了後

「緊張して、自分がしたかったことができないことが多く、練習不足と自分の自信のなさで、言いたいことがうまく言えなかったのも練習不足と感じた。」や「触診法で行う=人に触れることは安心感があり、ただ値だけではなく患者のコミュニケーションやタッチングがとても効果的なのだなと感じた」とあり、技術には、行為があるだけでなく、心が表現されていることまで気づけている学生さんもいて、素敵だなと感じました。幸せな時間をもたせてもえたと思います。

これからも、学生さんたちの澄んだ瞳とともに私たち教員も学んでいきたいと思った時間でした。 リレーメッセージin看護180-イラスト.jpg

本年度のウカーロは新型コロナウイルス感染症の予防対策として、例年の対面での講座ではなく、オンラインでの講座を開催したいと思います。

1.目的 富山福祉短期大学社会福祉学科では、本学卒業生を対象に社会福祉士資格取得を目指す人を支援していこうと考えています。 本講座では、有資格者の専任教員が"受験経験者"の立場で、「仕事をしているからなかなか勉強に手をつけられない。」「どう勉強していいかわから ない。」あるいは、「数回受験しているがうまくいかない」といった方々に受験対策の支援をいたします。

2.対象者
「本学卒業生」※本学から4年制大学へ編入して受験資格を持つ卒業生も可

3.日程及び担当者
9月25日(金) 19:00~21:00
鷹西先生「受験の手引きの説明含む」
10月24日(土) 10:00~12:00
松尾先生「過去問から読み解く国試の傾向」
11月27日 (金) 19:00~21:00
中村先生「過去問から読み解く国試の傾向 」

4.オンライン講座の方法
受講者の状況を見ながら申し込み後に個別にお伝えします。

5.内容
社会福祉士国家試験合格の鍵は、試験問題の攻略です。つまり、正答に必要な知識の覚え方、とらえ方を身につけることで正答率を上昇させるのが合 格への近道です。過去問を例題に用いて解説を行います。また、テキスト受験対策アプリなども随時紹介します。

6.費用 無料

7.申し込み締め切り
第1回:9月18日(金)17時半まで
第2回:10月16日(金)17時半まで
第3回:11月20日(金)17時半まで
※申し込みは毎回事でもまとめての申し込みどちらでも構いません。

8.申し込み
①氏名(ふりがな)、
②卒業年、
③連絡先(携帯番号、Gmail等のアドレス)
④希望する講座(第1回、第2回、第3回)
⑤オンライン会議等の利用の可否(ある、ない)
⑥⑤であると答えた方はどの様なコンテンツを使用したのか(GoogleMeet、ZOOM等)
申し込み先は、富山福祉短期大学社会福祉学科社会福祉専攻 中村尚紀、
na-nakamura@urayama.ac.jp宛に申し込みをしてください。
電話0766-5567(代)FAX0766-55-5570

※本年度はオンライン講座のため、受講する際はWi-Fi環境が整っているか必ずご確認してください。

国際観光学科「英語コミュニケーションI」の授業で、今まで学んできた英語力を活用し、アウトプットの練習をしました。

2種類のゲームを実施しました。



1.伝言ゲーム

英語の文章を伝言ゲーム形式で次の人に伝えていき、5人目の人が正確に回答できるかを競う内容です。英語の単語一つでも抜けてしまうと間違いになるので、慎重かつスピーディーに正確に伝えることが重要になる英語力を問われるゲームで、盛り上がりました。

HP英語コミュニケーションⅠ-①.jpg
HP英語コミュニケーションⅠ-②.jpg
HP英語コミュニケーションⅠ-③.jpg

2.絵の描写ゲーム

問題で提示された写真の絵の内容を英語のみでグループのメンバーに説明します。その説明を聞いたグループメンバーが、英語の説明を参考に絵を描きます。問題の絵とできるだけ近い絵に仕上がったチームが勝ちとなるゲームです。英語で写真の詳細部分を説明するのは難しいですが、チームワークを活かし活躍しました。

HP英語コミュニケーションⅠ-④.jpg
HP英語コミュニケーションⅠ-⑤.jpg

ゲームを通して、英語を実際に使い、相手に伝える練習をしました。アウトプットをしながら、英語力を鍛えることができました。

こんにちは。看護学科の中井です。

6月15日から短大内への登校が再開し、体調管理や感染に注意しながら学生さんは講義や演習を頑張っています。その中で、先日行われた1年次生の看護技術論Ⅰの演習についてご紹介します。

看護技術論Ⅰは、看護実践の手段として活用される看護技術について必要な基本的知識・技術・態度について学習することと、看護実践を展開するための方法として人間関係を成立・発展させる技術について理解を深め、対象のヘルスニーズを判断するために必要な基礎的知識や技術を習得することを目標にしています。

今回は、フィジカルアセスメントモデルを使用して呼吸器・循環器のフィジカルアセスメントの演習を行いました。フィジカルアセスメントモデル「Physiko」(フィジコ)は呼吸音・心音・腹部音聴取、脈診、血圧測定、心電図測定ができる医学看護教育シミュレータです。

179-1.jpg
179-2.jpg

学生は解剖生理学で学習したことをもとに聴取部位を確認し聴診器で、フィジコの呼吸・心音の正常音と異常音を聴取しました。学生は最初、音の聞き分けが難しい様子でしたが、だんだんと色々な音を聞くことで音の違いや異常音に様々な音があること、実際に音を聞くことの大切さを理解したとありました。また、短時間で判断できるようになるためにも解剖生理学の知識が大切であること、病態や疾患の学習を今後頑張りたいとありました。

179-3.jpg
179-4.jpg
179-5.jpg

1年次生は7月27日から、はじめての病院実習が始まりました。「実習」というと緊張したり、憂鬱になる人がいるかもしれんませんが、みんなでサポートしていきます。体調を整えて頑張っていきましょう!

8月

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

9月

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

黒色(8時30分~19時)

青色8時30分〜18時30分

赤色休館日8/3(月)蔵書点検のため休館

※開館時間は変更する場合があります。問合せ先:図書館

卒業生が近況報告に来てくれました♪

今年の3月に幼児教育学科を卒業し、保育士として働いている石倉 侑依さんが近況報告に来てくれました!(2020年3月卒業)

現在の勤務先名:さみどり認定こども園   職種:保育士 (写真:左)
HP卒業生(石倉さん).JPG

Q. 現在のお仕事の内容を教えてください。

A.  2歳児20名を担当しています。働き始めてまだ数ヶ月ですが、子どもの意思を尊重した保育を心がけています。また外国籍の子どももいるため、英語でのコミュニケーションもとっています。      
                                                                                                                       

Q. なぜ現在のお仕事に就こうと思ったのですか。

A. 母が保育士であったため、憧れがありました。また、自分自身も子どもと関わることが好きだったため。    
                                                                                                                           

Q. 現在の仕事のやりがいや大変なことを教えてください。

A. 保護者の方に「ありがとう」と言われる時や子どもの日々の成長を見れる時。子どものイヤイヤ期の対応が大変ですが、こちらの意図を押し付けるのではなく自分で納得して動けるよう工夫しています。    
                                                             

Q. 富山福祉短期大学を卒業して今思うことは?

A. 楽しかったです。特に友達と毎日楽しく過ごせて幸せだったと思います。実習は大変でしたが、今の仕事にすごく活かされています。   
                                                                                

Q. 今後の目標を教えてください。

A. 自分のクラスをまとめられるような存在になりたい。また、保護者との信頼関係も深めていきたい。先輩のようにねらいとそれを実現する方法を考えた自分の保育ができたらいいなと思います。   
                                                                                                                     

Q. ふくたんへ入学してくる高校生や、在学生に向けて、メッセージをお願いします。アドバイスなど、是非お願いします。

A. 幼児教育の専門の勉強は大変な部分もありますが、楽しいと思います。ペープサートなどの教材はたくさん作ったほうが就職してからも役立ちます‼

卒業生が【ふくたん】を訪れて近況を知らせてくれることは、とても嬉しいことです。

保育士であるお母様の仕事に憧れて、今自分自身も保育士として働いている石倉さん。自分自身の目指す保育士に近づけるように頑張ってください。

またいつでも立ち寄ってください。

富山福祉短期大学では、7月19日(日)新型コロナウイルス感染予防対策を万全にし、オープキャンパスを開催しました。

ご参加くださった皆さまありがとうございました。

今回からは、学科専攻別の体験授業を再開しました。ふくたんでは毎回違う内容で体験授業を準備しています。また学科専攻別タイムでは「在学生からのメッセージ」として在学生が参加してくれ、授業について、実習について、学生生活についてなど直接話をしてくれました。

「保護者説明会」では炭谷学長が『富山福祉短期大学の教育について』説明し、その後保護者の皆様からの質問にお答えする時間を設けさせていただきました。

本日のオープキャンパス様子をご紹介いたします。


社会福祉学科 社会福祉専攻

体験授業「楽しくなければ心理学じゃない!~ゲーム感覚で学ぶ心理学」
07.19OC 社福体験授業.jpg



社会福祉学科 介護福祉専攻

体験授業「介護に技を、お風呂にロマンを」
07.19OC 介護体験授業.jpg



看護学科

体験授業①「身体からのメッセージ~バイタルサインを測定しよう~」
07.19OC 看護①体験授業.jpg

看護学科

体験授業②「赤ちゃんのお風呂(沐浴)を体験してみましょう」
07.19OC 看護②体験授業.jpg



幼児教育学科

体験授業①「絵本の読み聞かせ 基本のキ!」
07.19OC 幼児①体験授業.jpg

幼児教育学科

体験授業②「'コミュニケーション'て何だろう⁉」
07.19OC 幼児②体験授業.jpg



国際観光学科

体験授業「英語コミュニケーション」
07.19OC 観光.jpg

保護者説明会

07.19OC 保護者説明会.jpg

次回は、8月23日(日)開催予定です。

次回は、スペシャル企画として「卒業生の活躍をご紹介します」実際に卒業生が来学し「ふくたんでの学びがどのように活かされているか」を話してくれます。是非ご参加ください。

8月詳細についてはこちらをご覧ください

卒業生が近況報告に来てくれました♪

今年の3月に社会福祉学科 社会福祉専攻を卒業し、ソーシャルワーカーを目指して病院で働いている片岡 祐希さんが近況報告に来てくれました!(2020年3月卒業)

現在の勤務先名:光が丘病院
2020.07社福卒 片岡さん.jpg

Q. 現在のお仕事の内容を教えてください。

A. 新入社員のため、主に介護業務を行っています。仕事をしつつ患者さんと話をしたりしてコミュニケーションを取る技術を身につけれるよう頑張っています。


                                        

                                                                                        

Q. なぜ現在のお仕事に就こうと思ったのですか。

A. 病院で勤務するソーシャルワーカーになりたいと思い。


                                                                                                                               

Q. 現在の仕事のやりがいや大変なことを教えてください。

A. 介護に従事するのは大変ですが、患者さんや他の専門職の方とお話をしたり、仕事をするのは新しい発見もありとてもおもしろいです。

 
                                                                     

Q. 富山福祉短期大学を卒業して今思うことは?

A. いい意味でおもしろく自分の将来に向き合うことができたと思う。

         

                                                                                       

Q. 今後の目標を教えてください。

A. 医療ソーシャルワーカーとして患者さんの生活や心を支援できるようになりたい。

                                                                            

                                             

Q. ふくたんへ入学してくる高校生や、在学生に向けて、メッセージをお願いします。アドバイスなど、是非お願いします。

A. ふくたんに入学すると様々な出会いがあると思います。その出会いを大切にして自分らしい学生生活を送ってください。

卒業生が【ふくたん】を訪れて近況を知らせてくれることは、とても嬉しいことです。

在学中は先生の研究室によく立ち寄って積極的に質問や相談をしていました。また福祉について先輩と話たり、自身の目標に向かって学びの姿勢がしっかりしていた印象の片岡さんです。ソーシャルワーカーを目指してこれからも頑張ってください。

またいつでも立ち寄ってください。

                                          

卒業生が近況報告に来てくれました♪

今年の3月に幼児教育学科を卒業し、保育士として働いている笽島夏月さんが近況報告に来てくれました!(20203月卒業)



現在の勤務先名:すこやかこども福祉会杉原こども園   職種:保育士
2020.07幼教育卒 そうしまさん.jpg

Q. 現在のお仕事の内容を教えてください。

A. 3歳児の副担任です。3歳児は2歳児とくらべ自分の力ですべき事がたくさん増え、保育教諭が援助していく内容も大きく変わってくるので、どう関わればやる気や意欲につなげていけるのか日々試行錯誤し保育しています。


                                        

                                                                                        

Q. なぜ現在のお仕事に就こうと思ったのですか。

A. 子どもが好き。自分が双子で二人を育てるだけでも大変だと思うのに、たくさんの子どもを保育している保育士さんは、どんな仕事なのか興味があり、学んでいく中で保育士になりたいと思いました。


                                                                                                                               

Q. 現在の仕事のやりがいや大変なことを教えてください。

A. 私の勤務している園では、ヨコミネ式教育を取り入れていて、体操などで日々できなかったことが少しずつできるようになっていく姿や自分の関わりで心を開いてくれるようになっていく子どもたちの姿にやりがいを感じています。 

  
                                                                   

Q. 富山福祉短期大学を卒業して今思うことは?

A. ふくたんで学んだことを発揮できていると思う場面はいくつもあるし、実習などは大変だったけど、今思うと全て経験しておくべき、経験して良かったと思うことばかりで、この大学で学べて良かったと思います。 

          

                                                                                       

Q. 今後の目標を教えてください。

A. 今はまだ、わからない事だらけで先生方の様子を見ながら自分もこうしてみよう、あの時こうしたら良かった、次はこうしてみようの繰り返しですが、少しでも早く自分の力で子どもたちを保育できるよう、最初のこの1年間を乗り越えることが目標です。

                                                                              

                                             

Q. ふくたんへ入学してくる高校生や、在学生に向けて、メッセージをお願いします。アドバイスなど、是非お願いします。

A.  富山福祉短期大学では、フレンドリーな先生方と楽しく保育を学べる場所です。実際の働く現場に出てもきっと力が発揮できるよう学んでいけると思います。是非、富山福祉短期大学に来てみてください。


卒業生が【ふくたん】を訪れて近況を知らせてくれることは、とても嬉しいことです。

オープンキャンパス学生スタッフとして参加者の皆さんに笑顔で優しく対応してくれていたことを思い出します。今は毎日子どもたちに笑顔で対応している日々だと思います。

またいつでも立ち寄ってください。

                                          

富山福祉短期大学では、719日(日)にオープンキャンパスを開催します。

参加者の皆さまに少しでも気持ちよく来学いただきたいと思い、本日は昼休み時間に教職員がキャンパスの除草作業を行いました。

HP除草作業①.jpg
HP除草作業②.jpgHP除草作業③.jpg

7月のオープンキャンパスから、本格的な体験授業も開始します‼

学科専攻の魅力がたっぷり詰まった体験授業をご用意してお待ちしています。

また保護者の方へは「保護者説明会」を準備しています。ぜひご参加ください。

7月オープンキャンパスの詳細についてはこちらをご覧ください

今回、射水ケーブルテレビの番組に本学の学生が出演することになりました

  富山福祉短期大学 国際観光学科1年  山根千弥さん

HP山根千弥1.jpg

  
富山情報ビジネス専門学校 ホテル・ブライダル学科2年 藤井りょうさん

HP藤井りょう.jpg

コロナ禍での毎日の過ごし方や、授業について、マイブーム などの質問に回答しました。

また富山福祉短期大学 国際観光学科の齋藤 望先生にも出演いただき、遠隔授業についての質問に回答されました。

HP齋藤先生.jpg

収録はZOOMで行われ、地元芸人 "雷鳥"と一緒に出演‼

終始楽しい雰囲気での収録に見えましたが、「緊張した...」との感想(そんな風には見えませんでしたよ)
HP学生2名.jpg

放送は射水ケーブルテレビ 「いみずまるごと応援テレビ いま☆テレ」

7月20日(月)~26日(日)7:30、11:00、17:00、22:30

番組は射水市に限らず富山市や高岡市、氷見市のケーブルテレビでも放送される予定です。

他の放送局での番組名は地元ケーブルTVにお尋ねください。

7月オープンキャンパス日程が決まりました‼


[日程]7月19日(日)

[時間]13:00開始(受付12:30~)

[内容]学科・専攻説明、体験授業、入試説明、個別相談など

7月オープンキャンパスから本格的な体験授業を再開します‼

ただし、三密回避の観点から体験授業の定員を設けることになりました。

お早めに申込をお願いします。

皆さまの健康や安全面を第一に考え、このような結論に至りましたことをご理解のほどよろしくお願い申し上げます。




7月オープンキャンパス詳細 .pdf

申込フォーム
お申込み方法は、上記申込フォームまたは電話(0766-55-5567)からお願いします。

申込フォームからの方は3日以内に返信がない場合にはお問合せください。



【本学からのお願い】新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた取り組み

●当日はマスク着用にご協力ください。校舎入り口で手指消毒を行ってください。

●体調が優れない場合は参加をお控えください。

今後の感染症拡大の状況によって、開催内容の変更・中止などが考えられます。変更等の情報については決まり次第HPにてお知らせさせていただきます。


最新情報を随時HPで案内させていただきます。

<お問い合わせ先>

TEL:0766-55-5567

担当:企画推進部

7月7日に株式会社ライセンスアカデミーのご協力を得て、Webで高校教員向け入試説明会を行いました。6月30日にも実際に本学に来学いただき説明会を実施いたしましたが、今回はWebでも行いました。

今回は6月30日に参加いただけなかった高校様や、参加されたが再度違う先生が参加された高校様など、事情は様々でした。

HP IMG_3369.jpg

今回の説明会ではカメラオフでしたので、相手方の表情や反応が分からないため苦労をいたしましたが、大切な本学の入試情報をお伝えいたしました。

少し力がはいり、20~30分の予定が45分も話してしまいました。難しいですね。

時間通りに授業をすすめる先生方は、さすがだと実感いたしました。

HP IMG_3371.jpg



オープンキャンパスでも入試の説明をいたします。オープンキャンパスでは私ではなく、非常にわかりやすい動画で説明させていただきますのでご安心ください。

今回から入試方法が変わっています。ご確認いただき是非とも自分に最適な入試方法で出願ください。

7/19(日)オープンキャンパス、社会福祉専攻体験授業「楽しくなければ心理学じゃない!~ゲーム感覚で学ぶ心理学」を開催します。それにちなんで、実際の授業を紹介します。

 学ぶことは、楽しくなければならない! そんな信念を胸に、学生が本当に楽しんで心理学を学んでいけるように授業に様々な「仕掛け」をほどこしています。

 社会福祉専攻の「心理学」の講義は、ゲームデザインの考え方を取り入れた授業を行っており、「クエスト型授業」と呼んでいます。学生は、ある種のゲームプレイヤーとして授業に参加しています。
心理学07.07①.jpg
心理学07.07②.jpg

 成績評価は、完全にポイント制となっており、クエスト(毎回のレポート小課題)、ボスクエスト(期末レポート課題)、アクション(授業中の発言)、パーティチャレンジ(授業中のグループディスカッション)、授業後の確認テスト、などのタスクに取り組むことでポイントを獲得します。そのポイントを蓄積することで、各プレイヤーのステータスが、「見習い」→「赤の戦士」→「青の騎士」→「黒の魔術師」→「白の王」→「光の救世主」へと進化する仕組みになっています。またアクションやパーティチャレンジなど授業中のポイント獲得時には、千円札(もちろんおもちゃですが)をゲットでき、お金を稼ぐ疑似達成感も得られるようになっています。

心理学図-2.jpg



 学生たちは、勉強をやらされている感覚なく、まさに楽しいから学んでいます。今、教育改革で目指されている「主体的・対話的で深い学び」がここに実現しているのです。

心理学07.07③.jpg
心理学07.07④.jpg

 そんな楽しい「クエスト型授業」の秘密をオープンキャンパスで大公開します。ぜひご参加ください。お待ちしています。



社会福祉専攻 竹ノ山圭二郎(心理学)

7/4(土)幼児教育学科2年生4名(今井さん・北島さん・郷さん・萩野さん)が絵本ランドの収録に参加しました。

とやま元気ワールド2020絵本ランド

主催:とやま元気ワールド実行委員会(富山県、富山市、高岡市、射水市、富山新聞社、北國新聞社)

絵本ランドは例年2日間にわたって県内数か所で開催されるイベントです。

幼児教育学科学生もこれまで毎年出演し、たくさんの親子におはなしプログラムを届けてきました。

今年度はコロナ禍のため、動画配信することとなりました。

とやま元気ワールド2020絵本ランド①.jpg

収録当日は、チューリップテレビのカメラがずらりと並ぶなかでの撮影となりました。

緊張のあまり、歌詞をど忘れしてしまったり、最後の最後でおはなしの語りを言い間違えたり、何度もテイクを繰り返します。そしてそんな状況の中で「最高の笑顔!!」を常にリクエストされ...

学生たちにとっては、めったにできない貴重な体験になったようです。

とやま元気ワールド2020絵本ランド②.jpg

「コロナ禍でおもいっきり遊べない子どもたちがおうちでも楽しい時間が過ごせるように」と、一緒に歌ったり、体を動かしたりできるあそび歌やミュージックパネル、手袋シアターなど、楽しいプログラム構成を考え、日頃の授業や実習の成果を発揮して演じることができました。

とやま元気ワールド2020絵本ランド③.jpg
とやま元気ワールド2020絵本ランド④.jpg

まもなく世界配信されます。

ご期待あれかし!!!

こんにちは。看護学科の中田と申します。

新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が全面解除となり、臨地実習が再開となりつつあります。3年生の領域別実習において、私が担当している成人看護学実習Ⅰ(急性期)は、6月29日から県内の総合病院での実習を行います。今回は、実習前の実技演習の様子をご紹介します。学内の演習は、感染予防に留意してフェイスシールドを装着して行いました。

リレーメッセージ看護178-1.jpg



■成人看護学実習Ⅰ-実習目標

1.手術を受ける患者の術前・術中・術後の特徴を理解する

2.手術を受ける患者及び家族のニーズに応じた看護過程の展開について体験的に学ぶ

3.手術を受ける患者の回復支援のための看護師の役割を理解する

リレーメッセージ看護178-2.jpg
リレーメッセージ看護178-3.jpg

 

 
病棟実習では、周手術期の患者さんを受け持たせていただき、身体面・心理面における回復支援の看護援助を学習します。周手術期の患者さんの状態観察を行ない、異常の早期発見や術後合併症の予防、早期離床と回復支援の援助へと、早い展開で進む実習です。実習前の学内実習では、2年次の成人看護学援助論の復習としてDVDを視聴し、実技演習を行いました。術前オリエンテーションと術前訓練の援助、弾性ストッキングの装着、点滴中の患者の寝衣交換の援助、術後の患者さんの観察方法、フィジカルアセスメントモデルPhysiko(医学看護教育シュミレータ)を用いて呼吸音・腸音の聴取、ガウンテクニックなど学生が主体的に行いました。

リレーメッセージ看護178-4.jpg

 学生達は実習のイメージができ、看護技術や基礎知識の再確認の必要性を実感していました。臨地では感染予防に十分留意して実習を行い、看護実践力を身につけられるように支援していきたいと思います。
178-イラスト.jpg

6月30日(火)、高等学校の先生方を対象とした入試説明会を開催し、多くの先生方にご参加いただきました。

2020説明会①.jpg

説明会では、2021年度入学者選抜についてまとめた動画をご覧いただき、その後さらに詳しく昨年度からの変更点やコロナ禍の影響による変更点を説明させていただきました。
2020説明会②.jpg
また、本学の入試の特徴や入試におけるポイントなど分かりやすく説明させていただきました。

その他「進路状況説明」や富山福祉短期大学の取り組みのひとつとして、「学習成果の可視化への取り組み」についても説明させていただきました。

2020説明会③.jpg
2020説明会④.jpg


終了後は、個別相談の時間を設けさせていただき、学科専攻の教育の内容や入学試験について、奨学金についてのご質問をいただきました。

2020説明会⑤.jpg
2020説明会⑥.jpg

お忙しい中ご参加いただきました先生方ありがとうございました。

7月

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31


8月

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27 28 29

30

31

黒色(8時30分~19時)

青色(8時30分〜18時30分

緑色(8時30分〜18時)7/3は(金) 18時以降2号館停電のため。

赤色(休館日)

※長時間の学習利用はお控えいただきますようお願いいたします。

※開館日と利用時間は変更する場合がありますのでその都度確認下さい。(問い合わせ先:図書館)

アーカイブ

学校法人浦山学園 USP
オープンキャンパス
資料請求
共創福祉センター
福祉短大ボランティアページ
富山福祉短期大学図書館
ふくたん日和(教職員ブログ)
学生マイページ
富山福祉短期大学訪問看護ステーション
富山情報ビジネス専門学校
金沢中央予備校

Copyright © 2004 Toyama College of Welfare Science. All Rights Reserved.