富山福祉短期大学

  1. TOP
  2. ふくたんMEDIA一覧

ふくたんMEDIA

2024.05.15
授業紹介
社会福祉学科

授業紹介 社会福祉学科

学科・学年:社会福祉学科1年

授業:地域つくりかえ学

テーマ:私たちが出来るSDGsの取り組みを考える

担当:宮城 和美准教授

   松尾 祐子准教授

 

社会福祉学科1年生の「地域つくりかえ学」授業では、主体的に学ぶ力や自ら行動する力を身につける事に取り組んでいます。

今回はSDGsについて学び、グループ毎に自分たちが出来ることを考え、模造紙にまとめました。

「持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)」は、「このままでは世界が立ちいかない」という強い危機感のもとで作成され、2015年に国際連合の特別サミットにおいて採択されました。環境を守りつつ経済を持続可能な形で発展させ、公正で安定した社会をつくっていくために、様々な問題を根本的に解決することを目指す、世界共通の17の目標です。

途上国だけでなく、日本を含む先進国も目標達成への取り組みが必要です。

2024.05.08
授業紹介
社会福祉学科

楽しい楽しいふくたんキャンパスライフ!!

社会福祉学科 中村先生AD1年生・2年生交流会 4月26日(金)開催
 
1年生が入学して、1ヶ月が経とうとしています。もっと『ふくたんキャンパスライフ』を楽しんでもらうために、中村先生ADでは2年生が1年生との交流を深めるべく、交流会を企画してくれました。
 
トーキングゲーム
2年生が予め様々な質問が書いてある紙を用意し、それを1年生は引き、2年生や1年生が答えお互いの人となりを知るゲームです。
 
1年生のコメント
 
「私たちの為に色々考え、貴重な時間を作ってくださりありがとうございました。今日先輩達が考えてくれた企画のおかげで、仲が深まったと思います。また、短大生活のことや勉強のことについても聞けたので良かったです。これから1年間よろしくお願いします。」
 
「2年生の方と話をしてとても話しやすく、面白くて楽しかったです。質問に一緒に答えたりしてたくさんのことを知ることができましたニックネームなども作り学校であったら積極的に話しかけて行きたいと思いました。また、分からないことがあったり、聞きたいことがあったら先輩達に聞いていきたいなと思いました。
 
2年生のコメント
 
「中村ADの1・2年の交流会を行いました。顔に見覚えがある1年生もいたけれど、ほぼ初対面だったので私を含めてみんなが最初は緊張していたように見えました。そんな中自己紹介が始まって、先生が一人一人の発言にツッコミを入れながら進めていったことで、少しずつ1年生も笑顔になっていったような気がします。始まる前は、盛り上がるか不安に思っていた部分もあったけれど、トーキングゲームなどをして和やかな雰囲気になったこともあってか時間が経つのが早く感じました。また、2年生同士でもあまり話したことのない人もいたので、新しい一面を発見できるいい機会となりました。1年生は、たこ焼きや茎わかめ、カメが好きな子がいたことは覚えているけど、顔と名前がまだ一致してない所があります。だから学年は違っていても、1年間同じ中村ADになったこともあり、今後さらに交流を深めていきたいと思いました。」
 
♡2年生の皆さん企画ありがとうございました♡
この交流会によって1年生・2年生との仲が深まり楽しい「ふくたんキャンパスライフ」を過ごしてもらえたらと思います(#^.^#)
2024.03.26
卒業生関連
社会福祉学科

卒業生紹介(社会福祉学科)

社会福祉学科の1年生は、県内の高齢者施設(10日間)と障害者等施設(8日間)の実習へ行きました。実習先では、本学の卒業生が働いていることが多く、中には経験を積んで実習指導者として実習生を指導してくれる卒業生もいます。

今回は入善町の障害者支援施設新川むつみ園で働く卒業生を紹介します。この施設では社会福祉学科と幼児教育学科の卒業生が沢山働いています。子育てしながら働く卒業生もいて「育休明け!」という卒業生もいました。皆笑顔で緊張している実習生をサポート、指導してくれていました。

*交代勤務の関係で全員が一緒に写真を撮ることはできなかったのが残念でした。

2024.02.09
授業紹介
社会福祉学科

授業紹介 社会福祉学科

授業紹介 富山コミュニティー論
 
本学では全学科の1年生が後期に地域課題の解決に向けて取り組む授業として「富山コミュニティー論」があります。
今回は社会福祉学科1年生の中村ADの授業の様子を紹介します。
 
社会福祉学科中村ADでは、5名の1年生が自ら取り組みたい内容を考え活動してきました。
取り組んできたものとして、「心のバリアフリー」と「発達障がいの子どもたち」と「公園」に着目しました。
 
なぜ、この3つのキーワードに着目したかといえば、実際の声として発達障がいを持つ子どもたちが、その障がいの特性によって公園の選定に困っているとの声を聞いたからです。
 
そこで、中村ADの1年生たちは、先ずはバリアフリーや発達障がいについて調べ、その後本学近辺には発達障がいの子どもたちを支援している放課後等デイサービスが数カ所あるため、本学近辺の公園の現状を把握するためにフィールドワークを実施しました。
 
フィールドワークを実施した後は、自らで公園の改善点などを考えました。
かし、自分たちだけでの考えだけでは「果たして本当にこの公園の改善点でいいのか?」の疑問も生じ、実際に放課後等デイサービスチャレンジャー様の協力を得て意見交換をしました。
 
ここでも1年生たちは「意見交換をしたけど、意見交換だけで終えていいのか」と考え、次の行動に移しました。
 
 
 
 
2024.02.05
授業紹介
社会福祉学科

ソーシャルワーク実習・精神ソーシャルワーク実習報告会

実習の集大成として1月31日と2月1日に実習報告と実習の振り返りをしました。

1月31日の実習報告では、SW実習と精神SW実習での様々な領域での実習の話を聞くため、2クラスに分かれ実施しました。

 

2月1日の振り返りでは、3つのグループに分かれ、学生たちが実習で学んだこと、ソーシャルワーカーの専門性などについて話し合いました。

 

 

4月から現場で働く学生たちは、実習や授業等での学びを忘れずにクライエントの支援に活かしてもらえたらと思います。

また、学生たちの実習を受けて下さった実習先の施設・事業所等の皆さま及び学生に懇切丁寧に指導をして下さった実習指導者の皆さまには心から深く感謝申し上げます。

 

2023.12.25
授業紹介
社会福祉学科

第1回福祉心理研究発表会が開催されました

日 時:12月22日(金)

場 所:USP La Cantine

参加者:社会福祉学科2年生、1年生、教員

 

社会福祉学科2年生はAD教員の指導のもと自身で研究テーマを決定し、課題解決や実践現場のプロとしての研究法を身につけることを目標に、福祉・心理に関する研究を進めてきました。今回は7グループが発表を行いました。

2023.10.16
卒業生関連
社会福祉学科

卒業生紹介(社会福祉学科)

富山福祉短期大学社会福祉学科を卒業後、高齢者分野で仕事しながら「介護福祉士国家資格」を取得された金子さん。現在は、介護福祉で培ったコミュニケーション力、知識を児童分野で活かしながら病児保育室で勤務されています。「介護福祉士国家資格」に続き、今回は「保育士資格」を取得されました。金子智里さんの近況、保育士資格取得について伺いました。

2023.09.25
進路
社会福祉学科

祝 ★ 内定! ~社会福祉学科 内定者インタビュー~

★★内定おめでとうございます!!★★

社会福祉学科の学生が【社会福祉法人宣長康久会 特別養護老人ホームささづ苑】様より内定を頂戴いたしました。

高校生の頃に「ささづ苑」様で職場体験をさせていただいてから、絶対にここで介護職員として働きたい!という未来を夢見て努力し続けた彼女。ふくたんでは介護の知識はもちろん、サークル活動やボランティア活動にも積極的に参加し、本学園の行動規範でもある「Compassion」:常に思いやりをもって行動する人間力を身に付けました。

そんな努力家で笑顔が素敵な彼女に、インタビューをしてみました。